topimage-cut.JPG

2012年08月08日

仙台上映レポート

仙台上映レポート

2012年8月4日、「わたしたちの夏」が仙台にて上映されました。暑いけれど青空のきれいな夏の日でした。 場所は仙台市内、青葉城近くにあるギャラリー・ターンアラウンド。現代アートギャラリーです。
上映後、監督自身による詩の朗読・映画に出演されている千石先生との対談もあるということで、暑い中たくさんのお客さまに来ていただきました。ギャラリーというアート空間での上映は珍しく、新鮮な驚きに満ちた上映会となりました。

IMG_2420.jpg

少し狭い空間の中で、電車の音・俳優さんの台詞・音楽・水の音などが映画館にはないリアリティーと迫力を持って聞こえました。
真っ白な壁面に投影された映像は監督自身が言われたように、色彩が美しく(特に緑!)映し出され、ギャラリーの白い壁面には、福間監督の詩やその断片が印刷された黒い文字で、まるで浮き立っているかのように貼られています。かつて美術学校でも教鞭をとられていた千石先生は、「まるでコンセプチャルアートの会場にいるみたいですね」とおっしゃっていました!

IMG_2425.jpg

上映会のあとは福間監督自身による詩の朗読があり、肉声を伴う言葉たちは生きもののようにギャラリー空間にこだましていました。
その後、映画のなかで大学の先生役として出演されている千石英世先生と福間監督の夢の対談へとつづきました。司会は仙台で俳句を中心に活動している関根かなさんです。

IMG_2440.jpg

千石先生と福間監督は大学院時代からのご友人で旧知の仲。
お互い少し気恥ずかしそうにされているお二人の素敵なお話が聞けました。
「僕は福間さんに言われたとおりにしただけでしたが、出来上がりを観ると『こんなことになっていたのか!』と思いましたね」
と映画における編集の重要性を感じた、ということを話されました。
福間監督は「千石先生の授業シーンはいつもの授業そのままを撮りました。先生の姪っ子・まり子役の松本さんと千石先生は別々に撮っているので、撮影では会っていないのです」と、映画制作プロセスのマジックを語り、いくつかの制作エピソードを聞けてびっくりしたり、なるほど、というふうに納得したりで、会場のお客さんからは笑いや拍手が起こりました。
お二人が共通して言われたのが映画のなかで主要なトーンとなっている、色彩としての「緑」の重要性でした。そして「女性」の役割り。女性の強さだけではなく、腹をくくった覚悟や、現実を直視する毅然としたまなざしを「サキ」の眼が語っている、といった話が聞けました。

IMG_2458.jpg

監督の次回作「あるいは佐々木ユキ」にも出演される千石先生の「役者」としての今後の活躍も期待されます。福間監督と千石先生との篤い友情がお互いのクリエイティブな活動にどれほど影響し合ったのかが窺える、とても貴重な対談となりました。

RIMG7900.JPG

わたしたちの夏仙台上映実行委員会 
宣伝スタッフ:今村・安部
写真撮影:安部



posted by tough mama at 00:12| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

仙台上映会

8月4日(土) 仙台上映会

盛夏の8月は、初めての東北、仙台から上映が始まります!

昨年12月アップリンクでの上映に、わざわざ仙台から観に来てくださった、ギャラリーTURNAROUNDの関本欣哉さんが、今年夏ぜひ仙台で上映したいと申し出てくださって実現する企画です。
TURNAROUNDは、現代美術だけでなく音楽・映画・文学・建築など、ジャンルを越えて仙台でのアートの先端をになうギャラリー。カフェHANGAROUNDも併設しているとのこと。
すてきな空間で、『わたしたちの夏』と福間健二のポエトリーリーディングと千石先生とのトークの、すてきな時間。どうぞお楽しみください!

当日は、ギャラリーに福間健二の詩の展示もしてくださるそうです!
盛りだくさんのスペシャル企画。土曜日の夕方からです。
仙台の方のみならず、近隣の皆さまもぜひ足をお運びください!


『わたしたちの夏』仙台上映&朗読&トーク
2012年8月4日(土) 17:00〜
出演/福間健二・千石英世

ギャラリーTURNAROUND
 仙台市青葉区大手町 6-22 久光ビル1F
 tel&fax 022-398-6413
  info@turn-around.jp
前売り1000円 当日1200円
予約は電話かメールにて。

http://turn-around.jp/sb/log/eid227.html





 
posted by tough mama at 10:02| Comment(0) | 上映情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷アップリンク「映画/千夜、一夜」

8月6日(月) 14:30 アップリンク
 
映画/千夜、一夜
  ……早すぎる、遅すぎる、映画を求めて


写真のように
     ……すべてが撮られていない映画がある。
受け身に見るだけが映画ではないように、
    その世界に入っていって何をするか、考える。
写真のように
     ……それぞれが違うお伽噺を作る。

早すぎた、あるいは遅すぎた、
しかし今こそ観られるべき知られざる映画群を一挙上映!
映画版、千夜一夜がここに始まる。


8月6日(月) 14:30〜 『夏の花』(23分)
            『わたしたちの夏』(89分)
      上映後トーク 福間健二+松橋淳 (『谷中暮色』監督)
             司会:宮岡秀行


暑い暑い今年の夏! お元気ですか。
『わたしたちの夏』の8月は各地で上映がありますが、東京はアップリンクでふたたびです!
8月4日(土)から8日(水)までの「映画/千夜、一夜…早すぎる、遅すぎる、映画を求めて」という特集のなかの1本として8月6日〈広島〉の日に上映されます。

『わたしたちの夏』は、原民喜の「水ヲ下サイ」という詩をひとつのキーワードにしています。そこから、宮岡秀行さんの監督作品『夏の花』(2008)との併映というかたちで、特集に企画されました。『夏の花』は、いまの広島の川や樹々や町の姿に原民喜の言葉をのせて喚起させるものを表現した秀逸な短篇です。
この作品と合わせて観ることで、『わたしたちの夏』は、また異なる顔を見せてくれるのかもしれません。
これまでに観てくださった方も、見逃した方も、2012年の『わたしたちの夏』に、ぜひご期待ください。

特集は、多彩なプログラムのそれぞれに、テーマをあてて組んであります。
ふだん観ることのできない貴重な作品も多数上映されます。
8月初め、盛夏の5日間、映像の闇にしずかにひたる時間が持てれば、それはそれは幸福なことでしょう。

8月6日、どうぞ、アップリンクにお越し下さい!

 1プログラム 1200円 3回券 3000円
 *トークのみ参加 500円(映画をご覧になる方は無料)

特集の詳細はこちらのHPを!
http://20120804-0808.jimdo.com/


渋谷UPLINK FACTORY・ROOM
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
tel.03-6825-5502 
factory@uplink.co.jp







posted by tough mama at 09:50| Comment(0) | 上映情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

鹿児島 朗読とトーク

朗読とトーク 福間健二 at 吉次郎

『わたしたちの夏』は、鹿児島ガーデンズシネマで8月10日〜12日の3日間上映されます。鹿児島に縁の深い福間健二は、それを記念して、長いつきあいの友人の店「吉次郎」で朗読とトークを行なうことになりました。
上映最終日の12日(日)の夜です。

前橋文学館での萩原朔太郎賞受賞者展覧会も、7月14日から始まり、8月12日は会期の最中。そのタイトル「青い家にたどりつくまで」にふさわしく、新作旧作まじえて朗読し、ここまで詩について考えてきたことを話します。
鹿児島の劇場で初めての自作の上映、そして初めての朗読会。鹿児島が作ってくれたこの縁に、はりきって挑みます。

「吉次郎」は天文館電停近くにあります。店主吉次郎の、個性に富んだおいしい食べ物の居酒屋さんです。ジャズ好き吉次郎は、ときどきライヴもやってます。
おいしい、愉しい空間で、どうぞ詩を堪能してください。お楽しみに!
皆さまのご来場をお待ちしています!

8月12日(日) 19:30(19:00開場)
居酒屋 吉次郎 鹿児島市東千石町8ー29 南国タクシービル2F
           tel. 099-223-6272
           料金 1500円(1ドリンク付き)

吉次郎地図
http://map.biglobe.ne.jp/index.php?lat=31.591399&lng=130.553186&zm=13

鹿児島朗読チラシ.pdf
posted by tough mama at 17:57| Comment(0) | 福間健二のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

鹿児島 ガーデンズシネマ

鹿児島 ガーデンズシネマ

鹿児島とは、とりわけ縁の深い福間監督。
ついに鹿児島のミニシアターでの上映が実現します!

かつて、鹿児島の友人たちの力で『急にたどりついてしまう』の上映会が開催されましたが、劇場での公開は初めてのことです。待ちに待った鹿児島です!
ガーデンズシネマは、コミュニティシネマとも呼ばれているので、二つあるのかな、なんて勘違いしそうですが(何を隠そう、監督もまちがえた)、鹿児島市の中心地天文館にあるマルヤガーデンズの劇場を借りて、鹿児島コミュニティシネマが運営しているミニシアターです。

鹿児島天文館! とあれば行かねばならぬ、というわけで、監督はもちろんのこと、プロデューサーも馳せ参じます! 赤字覚悟でまいります!
3日間、各日1回の計3回の上映です。いずれも監督の挨拶とトークがあります。
鹿児島の皆さん、鹿児島寄りの熊本・宮崎の皆さん。
ぜひともこの機会をお見逃しなく『わたしたちの夏』の上映にいらしてください!
お待ちしています!

8月10日(金) 14:40〜
8月11日(土)・12日(日) 14:20〜

上映前 監督舞台挨拶  上映後 トーク
まさに日本のお盆のさなかに、『わたしたちの夏』は、鹿児島に行くのです!


料金(通常料金)
一般 1,800円/学生 1,500円/高校生・小人(3歳以上中学生以下) 1,000円
シニア 1,000円
障がい者手帳をお持ちの方(付添1名様)1,000円
カゴシネ会員 一般 1,000円/学生 800円
★マルヤガーデンズでお買い物のレシートで300円割引き(一般・学生のみ)。
★共通前売券1000円は、山形屋プレイガイド・コープかごしまで7月20日ごろから発売。
★初日前まで、電話予約もできます。


鹿児島コミュニティシネマ(ガーデンズシネマ)
〒892-0826
鹿児島市呉服町6−5
マルヤガーデンズ7F
tel&fax 099−222-8746
http://kagocine.net/index.html



posted by tough mama at 14:04| Comment(0) | 上映情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。