topimage-cut.JPG

2012年07月20日

鹿児島 朗読とトーク

朗読とトーク 福間健二 at 吉次郎

『わたしたちの夏』は、鹿児島ガーデンズシネマで8月10日〜12日の3日間上映されます。鹿児島に縁の深い福間健二は、それを記念して、長いつきあいの友人の店「吉次郎」で朗読とトークを行なうことになりました。
上映最終日の12日(日)の夜です。

前橋文学館での萩原朔太郎賞受賞者展覧会も、7月14日から始まり、8月12日は会期の最中。そのタイトル「青い家にたどりつくまで」にふさわしく、新作旧作まじえて朗読し、ここまで詩について考えてきたことを話します。
鹿児島の劇場で初めての自作の上映、そして初めての朗読会。鹿児島が作ってくれたこの縁に、はりきって挑みます。

「吉次郎」は天文館電停近くにあります。店主吉次郎の、個性に富んだおいしい食べ物の居酒屋さんです。ジャズ好き吉次郎は、ときどきライヴもやってます。
おいしい、愉しい空間で、どうぞ詩を堪能してください。お楽しみに!
皆さまのご来場をお待ちしています!

8月12日(日) 19:30(19:00開場)
居酒屋 吉次郎 鹿児島市東千石町8ー29 南国タクシービル2F
           tel. 099-223-6272
           料金 1500円(1ドリンク付き)

吉次郎地図
http://map.biglobe.ne.jp/index.php?lat=31.591399&lng=130.553186&zm=13

鹿児島朗読チラシ.pdf
posted by tough mama at 17:57| Comment(0) | 福間健二のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

萩原朔太郎賞受賞者展覧会

前橋文学館特別企画展・第19回萩原朔太郎賞受賞者展覧会
福間健二 Fukuma Kenji
青い家にたどりつくまで


2012年7月14日(土)〜9月9日(日)

  こわれたように
  水を吐きつづける
  青い家
  そこで名前を呼ばれるために。  
      「青い家」(『青い家』2011)より

展覧会チラシ表面.pdf

昨2011年、福間健二は詩集『青い家』で、第19回萩原朔太郎賞を受賞しました。
その展覧会が、群馬県前橋市にある前橋文学館で開催されます。
この展覧会では、福間健二のすべての著書や参加した同人誌・雑誌、また自筆原稿などが展示され、関連行事も開催されます。
どうかご高覧いただけますよう、ご案内申し上げます。

関連行事
対談「言葉と世界」
 福間健二 × 荒川洋治(現代詩作家)

7月28 日(土) 15:00〜
 3階ホール
 先着100人 参加費無料
 申し込み/電話またはメール(maebungaku@maebashi-cs.or.jp)

福間健二監督映画上映会
 『岡山の娘』(2008年) 9月2日(日) 14:00〜
 監督・脚本=福間健二 出演=西脇裕美
 『わたしたちの夏』(2011年) 9月9日(日) 14:00〜
 監督・脚本=福間健二 出演=吉野晶 小原早織
 いずれも3階ホール
 観覧券でご覧いただけます。

開館時間/9:30〜17:00(入室は16:30まで)
休館日/月曜日、7月17日(火)
※7月16日(月・祝)は開館
会場/1階企画展示室
   3階オープンギャラリー
観覧料/[企画展のみ]
    一般・大学生300円 高校生100円
    中学・小学生 無料
    [2階常設展とのセット]
    一般・大学生350円 高校生100円 
    中学・小学生 無料
*7月14日(土)[特別企画展初日]と9月1日(土)[開館記念日]は観覧無料です。
*観覧券を購入した方は、福間健二監督映画上映会で『岡山の娘』『わたしたちの夏』をご覧になれます。

展覧会チラシ裏面.pdf

 
前橋文学館
〒371ー0022 群馬県前橋市千代田町3丁目12ー10
tel. 027-235-8011 fax. 027-235-8512
http://www15.wind.ne.jp/~mae-bun/













posted by tough mama at 17:12| Comment(0) | 福間健二のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

詩を楽しもう Poetry for You

詩を楽しもう Poetry for You
福間健二・小原早織・せきしろ


とっつきにくいとか、難解だとか言われている詩の世界。じつは、もっと身のまわりに存在する言葉から生まれてきて親しみのあるもの。Twitter、ブログ、携帯メールなど、身近なところにも詩は存在しています。人と人をつなぐ言葉は、いまどんなふうに生きているのか。どんな言葉にささえられて人は生きているのか。ゲストと共に言葉としての詩について話そう、楽しもうと思います。
出演は、昨年、詩集『青い家』により第19回萩原朔太郎賞と第49回藤村記念歴程賞を受賞し、また昨年公開された監督第3作『わたしたちの夏』が話題になった福間健二。その映画でサキ役として注目をあびた小原早織。
ゲストには、最新作『逡巡』を発表したせきしろ。ピースの又吉直樹との共著『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』で自由律俳句に、西加奈子との共著『ダイオウイカは知らないでしょう』で短歌に、バッファロー吾郎Aとの共著『煩悩短編小説』で「108字の小説」に挑んだ。

2012年3月8日(木)
開場18:00 開演19:00
Naked Loft

新宿区百人町1-5 百人町ビル1F 電話1(プッシュホン)03-3205-1556
前売¥2,000/当日¥2,500(共に飲食別)
★ご入場は、ローソンチケット→WEB予約→電話予約の順となりますのでご了承ください。

ローソンチケット L:39058
WEB予約 http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation
電話予約 03−3205−1556(受付16:30〜24:00)





posted by tough mama at 19:21| Comment(0) | 福間健二のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。