topimage-cut.JPG

2011年06月02日

イントロダクション

21世紀。ひとは、
どんな森をさまようのか。


20%IMG_5885.JPG




『岡山の娘』から3年。
「いま」を生きる冒険的な映像構成に体温とやさしさを引きよせる福間健二の新作です。
〈映画は、夢と現実をひとつにする。そして、ひとは、どんなに遠い夢に迷い込んでも、生きて、現実に帰ってくることができる〉。
二人の女性。アラフォー世代と20歳前後。戦争と死者を思い出す日本の夏。
〈つらいこと、苦しいことのなかにこそ、自分を救ってくれるものがある〉。
生きていること、その大切さ。夏の光と影、女性たち、植物の生命力。
この世界の隠された「蜜」を感じとる映像と言葉が、あなたを誘い、あなたに問いかけます。

ヒロイン千景には、瀬々敬久監督『汚れた女〈マリア〉』(98)以来の主演作となる吉野晶。
千景の元恋人庄平を歌手の鈴木常吉、その娘サキを新人の小原早織が演じます。
この三人をメインに、個性豊かな人物たちがそれぞれの言葉と存在感をもって登場します。
撮影は『ヴァイブレータ』『あしたの私のつくり方』などの鈴木一博、編集は『チョコラ!』などの秦岳志、音響設計には『マイ・バック・ページ』などの小川武が参加しています。

posted by tough mama at 00:00| Comment(0) | イントロダクション・あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

ストーリー

わたしたちの夏


ヒロインは、東京の郊外に住むアラフォー世代の千景(吉野晶)。自然雑貨の店で働きながら、写真を撮っている。2009年の夏、千景の働く店に、かつて一緒に暮した庄平(鈴木常吉)の娘サキ(小原早織)が現われる。千景は庄平とも再会し、ふたたび親しくなるが、大学生のサキはそれを納得しない。友人の家に居候していた庄平は、千景のところに引っ越してくる。サキのことを気にしながらも、つかの間の幸福を感じる千景。しかし、庄平には危険な影が迫っていた。その一年後、別々の人生を生きる千景とサキに「わたしたちの夏」が訪れる……。

20%IMG_6875.JPG

20%IMG_5920.JPG

MVI_2061 - 2010-08-18 at 16_20_38.jpg

20%_MG_2142.JPG

20%_MG_1737.JPG

20%_MG_2171.JPG
posted by tough mama at 00:00| Comment(0) | イントロダクション・あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。