topimage-cut.JPG

2012年08月08日

アップリンク上映レポート

アップリンク上映レポート

暑い暑い2012年の8月、『わたしたちの夏』はあちこちで上映されています。
8月4日の仙台につづいて、「8月6日広島」のこの日は、アップリンクでの特集「映画/千夜、一夜」の1本として上映されました。この日の宮岡秀行さんの作品『夏の花』(2008年)との併映です。今回の特集は、映画作家でありスタジオ・マラパルテの主宰者である宮岡さんの企画によるものです。

上映後のトークは、宮岡さんと福間監督、そして同じ日に上映された『谷中暮色』(2009年)の監督である舩橋淳さんと3人で行なわれました。いろいろな議論がでましたが、三者をつなぐ話題としてレポートしてみました。

まず、宮岡さんは『夏の花』と『わたしたちの夏』の共通点について、原民喜の小説『夏の花』を引用していることだけれども、この小説は構造が奇妙で複雑であることを指摘しました。それを受けて福間監督は、「原民喜は、原爆体験以前に悲劇をかかえた存在であり、そこにおいてこそ彼の文学は20世紀の人間の運命につながる」と話しました。

IMGP0520.JPG

一方、舩橋監督の『谷中暮色』と『わたしたちの夏』に共通するのは、フィクションとドキュメントの要素が合わさっているということ。舩橋監督は10年間暮らしたニューヨークから戻って、谷中に暮らしはじめて『谷中暮色』を作ったわけですが、それを撮りながら幸田露伴の『五重塔』にまで作品の世界が広がっていった経緯について語りました。福間監督も、従来のドキュメンタリーとフィクションの区別を越える映像への意欲を語り、議論はさらに展開していきました。

さて、舩橋監督の新作は、今もなお故郷に帰れず避難生活をつづけている福島県双葉町の人々の日々を描いたドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』です。10月13日からオーディトリウムにて公開になります。
福間監督の新作『あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale』は、完成したばかり。公開はまだ決まっていませんが、今年の冬あたりにはきっと。
いままで表現の「内容」とされてきたものとは違うものをさぐっている二人の監督。大いに期待したいですね。
宮岡さん、舩橋さん、そしてアップリンクの藤井さん、どうもありがとうございました。

宣伝スタッフ 民ちゃん

posted by tough mama at 09:23| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。