topimage-cut.JPG

2012年08月08日

仙台上映レポート

仙台上映レポート

2012年8月4日、「わたしたちの夏」が仙台にて上映されました。暑いけれど青空のきれいな夏の日でした。 場所は仙台市内、青葉城近くにあるギャラリー・ターンアラウンド。現代アートギャラリーです。
上映後、監督自身による詩の朗読・映画に出演されている千石先生との対談もあるということで、暑い中たくさんのお客さまに来ていただきました。ギャラリーというアート空間での上映は珍しく、新鮮な驚きに満ちた上映会となりました。

IMG_2420.jpg

少し狭い空間の中で、電車の音・俳優さんの台詞・音楽・水の音などが映画館にはないリアリティーと迫力を持って聞こえました。
真っ白な壁面に投影された映像は監督自身が言われたように、色彩が美しく(特に緑!)映し出され、ギャラリーの白い壁面には、福間監督の詩やその断片が印刷された黒い文字で、まるで浮き立っているかのように貼られています。かつて美術学校でも教鞭をとられていた千石先生は、「まるでコンセプチャルアートの会場にいるみたいですね」とおっしゃっていました!

IMG_2425.jpg

上映会のあとは福間監督自身による詩の朗読があり、肉声を伴う言葉たちは生きもののようにギャラリー空間にこだましていました。
その後、映画のなかで大学の先生役として出演されている千石英世先生と福間監督の夢の対談へとつづきました。司会は仙台で俳句を中心に活動している関根かなさんです。

IMG_2440.jpg

千石先生と福間監督は大学院時代からのご友人で旧知の仲。
お互い少し気恥ずかしそうにされているお二人の素敵なお話が聞けました。
「僕は福間さんに言われたとおりにしただけでしたが、出来上がりを観ると『こんなことになっていたのか!』と思いましたね」
と映画における編集の重要性を感じた、ということを話されました。
福間監督は「千石先生の授業シーンはいつもの授業そのままを撮りました。先生の姪っ子・まり子役の松本さんと千石先生は別々に撮っているので、撮影では会っていないのです」と、映画制作プロセスのマジックを語り、いくつかの制作エピソードを聞けてびっくりしたり、なるほど、というふうに納得したりで、会場のお客さんからは笑いや拍手が起こりました。
お二人が共通して言われたのが映画のなかで主要なトーンとなっている、色彩としての「緑」の重要性でした。そして「女性」の役割り。女性の強さだけではなく、腹をくくった覚悟や、現実を直視する毅然としたまなざしを「サキ」の眼が語っている、といった話が聞けました。

IMG_2458.jpg

監督の次回作「あるいは佐々木ユキ」にも出演される千石先生の「役者」としての今後の活躍も期待されます。福間監督と千石先生との篤い友情がお互いのクリエイティブな活動にどれほど影響し合ったのかが窺える、とても貴重な対談となりました。

RIMG7900.JPG

わたしたちの夏仙台上映実行委員会 
宣伝スタッフ:今村・安部
写真撮影:安部



posted by tough mama at 00:12| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。