topimage-cut.JPG

2012年07月05日

横浜上映レポート 2

横浜上映レポート 2

7月4日水曜日。ジャック&ベティでの上映も、はや5日目です。今夜のゲストはラッパーのTAKUMA THE GREATさんです。
もう長年ヒップホップを聴きつづけている福間監督は、今年の初めに、そのジャンルに詳しいある編集者に「日本では誰がおもしろい?」と尋ねたところ、「TAKUMA THE GREATが一番ですよ」と教えられたそうです。それをきっかけにTAKUMAさんのファンになった福間監督。TAKUMAさんは、横浜それも黄金町を拠点に活動しているラッパーです。ジャック&ベティ=黄金町=TAKUMAさん! というわけで、ぜひとも上映中にゲストで登場してもらいたい! その願いを、支配人の梶原さんがかなえてくださって、今日の日を迎えることができました。

わたしたちの夏横浜2-4.jpg

初対面の福間監督とTAKUMAさん。親子以上にも年がはなれ、決して小柄とはいえない福間監督が小さく思えるほどTAKUMAさんは大きい。ふだんより狭く見えるロビーで、ちょっと緊張気味にあいさつしているふたりは、なんだかほほえましいのです。

さて、拍手で迎えられてトークが始まりました。
「普通につないでるところのないような映画ですが、どうでしたか?」と福間監督はTAKUMA さんに尋ねます。
「正直なところ、むずかしかったですね。大学の授業で学生たちが話しているところ、僕も含めて戦争を知らない世代が、ギャップを感じながらもいまに通じるものを考えている。僕は台湾と日本のハーフなので、戦争を知らなくても意識させられて育ったようなところがありますね。千景とサキと庄平の人間関係のあり方がおもしろいと思いました。どこか自分の生い立ちとダブるようなところもあって。最終的に千景とサキに希望がある、そこにほっとしました」とTAKUMAさん。
福間監督は、「そう感じてもらえてうれしい。戦争や原爆、9.11や3.11の直接の被害者でなくても、その気持ちを共有できるということを、普通に生きている千景とサキも庄平の死を通して感じることとして描きたかった」と話しました。そして、サキがヒップホップを踊るシーンの話になって、じゃーん!! TAKUMAさん、アカペラで1曲歌ってくださったのです!

わたしたちの夏横浜2-8.jpg

「コガネチョウ!」で始まる「Sumeba Miyako」。こんな環境の中で生きている自分を表現したかったと言うTAKUMAさん。
「赤い電車のむこうに見える野毛の山……低いビルの谷間……オレの知らない昭和の匂いの残る町をチャリで走る……人が住めば町は変わる、問題は人のココロのあり方、確かな気持ちはどこにある……」
うーーーん! 黄金町でこの歌をナマで聞かせてもらえることの、この至福!
感激の福間監督「TAKUMAさんは、まず、声がいいんだよねー」。「この歌を聞いたとき、撮影は自分の住んでる場所から出発する、というのがやはりあったんだなあと思った。そこでどう生きるか」。話はどんどん展開していきます。

わたしたちの夏横浜2-9.jpg

家庭では台湾語を話すことをしつけられて育ったTAKUMAさんは、東南アジアの各地にも行き、高校を中退してLAに3年半いたときにヒップホップを本格的に始めたそうです。日本語、台湾語、北京語、英語の4カ国語を自在に操る。たしかな耳。ヨコハマの下町が育てた柔軟な国際性と不良性。そして、日本人がなかなか身につけられない、自分の意見をきちんと言うこと。それらを自然に身につけた自分の表現=ヒップホップをとおして、人間と、この世界とかかわっていきたいというTAKUMAさん。5月に出たセカンドアルバム『The Son of The Sun』は、死や不幸をのりこえてみんなの太陽でありたい、そう思って付けたタイトル。大きいのはその身体だけでなく精神もなのです。
感動しっぱなしの福間監督。上映はあと2日ですが、ぜひお友だちにすすめてください、と添えてトークの幕を閉じました。

わたしたちの夏横浜2-5.jpg

今日は、決してたくさんのお客様ではなかったのですが、なんと驚いたことに、すべての方がTAKUMAさんのCDを買っていかれたのです! もちろん『わたしたちの夏』のパンフレットもです。並んでサインを待つお客様に、TAKUMAさんも福間監督もうれしそうに応じている姿がとてもすてきでした。濃い出会いの、黄金町の夜でした。

最終日7月6日(金)は、新作『こっぴどい猫』の公開を間近にひかえた今泉力哉監督をゲストに迎えてトークします。ぜひともご来場ください!

宣伝スタッフ ハマノベティ
写真撮影 松島史秋




posted by tough mama at 22:44| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。