topimage-cut.JPG

2011年12月24日

渋谷上映レポート 3

トークゲスト 森下くるみさん

12月22日。一年でもっとも夜の長い冬至の日、渋谷アップリンクにあでやかな花がゲストとして登場しました。なんとなんと! 森下くるみさんです!
ショートカットに黒い着物姿であらわれた森下さん、会場のうしろからみても目がキラキラ輝いていて、うーん、本当に可憐です。のっけから監督より、今回の上映イベントは、実は「きみたちは美人だ」連続トークになっているんです、との告白がありましたが……監督、その企み、みんなすっかり気づいちゃってます! わかりやすすぎます!

12.22くるみさんIMG_1454.jpg

ポレポレ東中野ですでにみてくださっていたという森下さん。「夏」というとギラギラした太陽の日差しを思い浮かべるけれど、この映画をみたあとは、夏は夏でも、日陰にできた空気のような、ひんやりした印象が残ったそうです。

森下さんの、「サキさんがかわいい」発言をうけて、ぐぐっと話が深まります。
監督からは、「自分にとってかわいい女の子は、生意気だったり、キツい感じのある子たちで、千景にもそういうところはあるけれど、サキのほうにより強くあらわれていると思う。そういう面を女性の魅力として捉えていきたい」という女性観が披露されます。前作『岡山の娘』のみづきもそうでした。視線の強さ、怒り、どちらもサキと共通するものがあります。ここから、今度は男性論に飛びます。

12.22くるみさんIMG_1413.jpg

「いわゆる映画のヒーローのようにかっこよく生きるなんて実際にはできっこない。仕事もバリバリやって家庭でもしっかりいい父親をする、なんて、そんなの聞いていてどこか実はごまかしているんじゃないかと思ってしまう。劇中の庄平も、半ば幽霊のようだし、男はもうダメな感じで生きていくしかないんじゃないかな」
監督の男性論に、いつもよりもちょっと多めの会場の男性たちも苦笑気味です。
森下さんも、「たよりないくらいの男性のほうがリアルですよね」とのこと。
そして監督は、映画のなかで実は生きているのは千景とサキだけで、二人がこの世界でこれからも生きていけるように、天使たちの住む街で何年かぶりに再会し、つながっていく様子を描いた、と作品の核心へとつなげました。
また、森下さんからは監督の最新詩集『青い家』の中の「わたしの好きなもの」にでてくる、亡くなられた作家の永沢光雄さんについて触れられました。弱い人の哀しみとともに生きた永沢さん。作品から聞こえてくる、社会のなかではみえにくい、吐息のような小さな言葉たちは、いつも胸を打ちました。哀しみを共感できるやさしさ、弱さ、涙。監督と森下さん、二人に共通する男性観が少しずつみえてきます。

12.22くるみさんIMG_1429.jpg

来春3月17日よりK’シネマにて脚本した作品が上映予定の森下さん。女優に、執筆に、様々なジャンルで活躍中ですが、福間監督より文章を書くことについて問われると、書くことは難しい、けれど、簡単にできるとつまらないから、長い目でやっていきたい、とおっしゃられました。簡単にできるとつまらない……この言葉、なんだかサキっぽい!そう感じたのはわたしだけではないはず。世代の違う千景とサキ。二人の共通点は、従順に生きないこと、飼い馴らされないこと。自分を見失わないこと、迷うことを簡単にあきらめないこと。森下さんのキラキラ光る目は二人と同じ強さに裏付けられている……勝手ながら、そんな気がしてなりませんでした。福間監督も、きっとそう感じてました、よね? お二人のこれからの活躍に、ますます目が離せませんね!

くるみさん/松島-1.jpg


宣伝スタッフ ぶーやん
写真撮影 酒井豪&松島史秋






posted by tough mama at 12:13| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。