topimage-cut.JPG

2011年11月22日

広島上映レポート

広島上映レポート

11月19日(土)。福間監督は、16時ごろ広島に到着。ホテルにチェックインして、シャワーをあび、余裕をもって、ちょうど雨があがって夷子神社の大祭でにぎわう広島の街を歩いたそうです。
サロンシネマに来るのは4回目。わかってるつもりだったのに、サロンシネマのある鷹野橋を通りすぎて、とんでもないところまで行ってしまったそうで、汗をかきながら、映画館に入りました。

サロンシネマ、シネマツイン、八丁座を擁する株式会社「序破急」の総支配人、住岡正明さんとは、19年前の石井輝男監督特集オールナイト以来の仲。
上映前の挨拶から、二人の息はぴったりです。
福間監督は、いつも以上にリラックスして、大勢詰めかけてくれたファンのみなさんの前に立ちました。
そして、「今日は、初めてのブルーレイによる上映。ここのすばらしいシートでぼくも一緒に見ます」と客席に。

上映後のトークでは、住岡支配人から次々に興味深い指摘と質問が放たれました。
まず、トップの大きな赤い文字のタイトルについて。60年代の東映、とくに石井輝男作品を意識したものではないか。「そうです。今回の主演の三人をスターとして立たせたかった」と、福間監督はにっこり。
客席から質問も出ました。
まず、歴史的な出来事の当事者でなくても共有している日本人の「体験」としての、日本の夏をベースにしてシナリオを考えたこと、そのシナリオには未定の部分があったことなど。
福間監督は、とくに広島を意識して、『わたしたちの夏』における原爆や原民喜の詩と小説のテクストの扱い方について、感謝の気持ちをこめて説明しました。
「この世界の悲劇性にぶつかるという経験。つまり、ほんとに人間が困ったときの感情は、原爆でも震災でも個人的なできごとでもおなじものではないでしょうか」と。

広島写真1.jpg

ちょうど前日に園子温監督が広島に来られ、また福間監督もその『恋の罪』を見たばかりだったので、その話題が出ました。「『恋の罪』、富田克也監督の『サウダーヂ』、新藤兼人監督の『一枚のハガキ』が、今年のベスト3かな。『わたしたちの夏』も負けてないけど」と福間監督。
そして自分の場合、「苦しいときのゴダール」という撮り方があるように、「苦しいときの園子温」という撮り方もあるとして、それがどういうものなのかをユーモアをこめて語りました。
最終的にこの世界が生きるに値するものだとする「肯定性」に向かわない冒険は、ある意味で簡単。自分は「肯定性」に向かう冒険をやっている。たとえば園子温監督はどうなのでしょう、と住岡さんや客席に問いかける場面も。

「結局、福間監督が『わたしたちの夏』で伝えたかったメッセージは? それがわかると観客のみなさんも見やすいと思うのですが」と住岡さんが質問。
ちょっと考え込んだ監督の答えは、なんと「言いたいことって、ほんとはとくにない。よそではいろいろと言ってきたけど」。
「えーっ、そうなんですか?」
「しいていえば、生きるってことが大事だってこと。生きていればいいってこと。それをずっと感じてきたんです」

広島写真2.jpg

そして、観客のみなさんに「ぼくの考えていることを読みとってもらうような見方はしなくていいでんすよ。ぼくがスタッフやキャストとの出会いからこういう表現を生みだしたように、みなさんも、それぞれのやり方、感じ方で、この映画に出会ったことからなにか生みだしてくれたら最高です」と締めくくりました。

ロビーでのサイン会でも、監督の感激することが続きました。15年前にサロンシネマで長篇第一作『急にたどりついてしまう』を見たという人がそのパンフレットをさしだしたり、吉野晶主演の瀬々敬久監督作品『汚れた女(マリア)』のチラシを持ってきた人がいたり、福間監督の著書を何冊も持ってきた人がいたり……。広島のディープなファンにはおどろきました。

この夜、監督は、サロンシネマの桑原由貴支配人に案内され、広島の中心部、八丁堀にある、一周年を迎えた八丁座を見学。楽しさいっぱいの、その凝った作り方に、ほとんど度肝を抜かれたとのこと。
お好み焼き屋さんの「八昌」での、「序破急」の蔵本順子社長以下、スタッフのみなさん、ファンのみなさんの交流の場となった打ち上げでも、福間監督は、大いに食べ、飲み、熱弁をふるいました。
広島のみなさん、どうもありがとうございました。

サロンシネマでの『わたしたちの夏』の上映は、25日(金)までつづきます。23日(水)は祝日で、25日(金)はレディスデイ(女性は1000円均一)です。どうぞ、広島での上映をお見逃しなきよう、よろしくお願いします!


写真撮影 蔵本健太郎
宣伝スタッフ 八丁娘 



 





posted by tough mama at 19:09| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。