topimage-cut.JPG

2011年06月01日

キャストプロフィール

吉野晶(よしの・あきら)=佐藤千景
1969年、埼玉県生まれ。国立音楽大学卒業後、ワークショップなどで演技を学ぶ。98年、瀬々敬久『汚れた女〈マリア〉』でデビュー。実話をベースにした瀬々ワールドで、バラバラ死体事件の犯人である人妻役を好演した。主な出演作に、NHKドラマ『幻のペンフレンド2001』『Deep Love アユの物語』、鈴木卓爾『パルコフィクション』(02)、廣木隆一『きみの友だち』(08)などがある。
今回は、短い準備期間のなかで福間監督と打ち合わせを重ねて、役作りを工夫。アラフォー世代のヒロインのカッコよさと不安を見事に演じきった。2011年1月に撮影された福間監督の次回作『あるいは佐々木ユキ』にも出演している。
_MG_1975.jpg





小原早織(こはら・さおり)=立花サキ
1989年、福岡県生まれ。小学校卒業まで福岡を転々とし、その後大阪に6年間、そして首都大学東京入学を期に東京へ。小学生のころから〈役者になること〉を夢見る。06年、NHKの朝の連続ドラマに出演。大学では「表象」を専攻。演劇の勉強と、サークル「final flash」でのダンス中心の生活を送る。現在、フランスに留学中。猫とウミウシを愛し、趣味はダンスと昼寝とスキューバダイビング。
2010年、福間監督の授業「映像論」を受講。その前に話をする機会があり、監督はそのときから自分の作品に出てもらいたいと思っていた。今回が初めての長編映画出演。次回作『あるいは佐々木ユキ』では主役を演じている。
_MG_1794.jpg





鈴木常吉(すずき・つねきち)=立花庄平
80年代にバンド「セメントミキサーズ」にヴォーカル/ギターで参加。89年、伝説のバンドオーディション番組TBS「イカ天」に出場して3週勝ち抜き、注目を集める。「セメントミキサーズ」は90年にアルバム『笑う身体』でメジャーデビュー。その音楽性が高い評価を得たが、アルバム1枚を残して解散。91年、バンド「つれれこ社中」にヴォーカル/アコーディオンで参加。そのアルバム『雲』は、ビートたけし、高田渡、早川義夫、忌野清志郎らに絶賛された。2000年、「つれれこ社中」活動中止。06年、初ソロ作『ぜいご』をリリースする。そのなかの「思ひ出」が、09年、TBS放映のテレビドラマ『深夜食堂』でオープニング曲として使われ、大きな話題を呼んだ。
2010年、セカンド・ソロアルバム『望郷』をリリース。そこから、「アヒル」と「ウィスキー・ブルース」が、『わたしたちの夏』の挿入歌とエンディングテーマとして使われている。
映画出演作に、山ア幹夫『PU プ』(94)、坪川拓史『美式天然』(05)、鎌田千賀子『女子女子over8 月照の歌』(08)などがある。
福間監督は、常さんの文学青年+パンクぶりに感動して、ライヴを追いかけ、『岡山の娘』を見てもらい、次に撮るときは出演するという約束をとりつけていた。
_MG_2606.jpg
posted by tough mama at 00:00| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。