topimage-cut.JPG

2011年06月01日

福間健二プロフィール

福間健二(ふくま・けんじ)

1949年、新潟県生まれ。都立大学在学中に16ミリ作品『青春伝説序論』を高間賢治の撮影で監督する。同時に詩を書きはじめ、現代イギリス詩の研究者としての道を歩みながら、詩と映画への情熱を燃やしつづけた。89年、詩と映画をメインとする雑誌「ジライヤ」を創刊。このころから詩が大きな注目をあびるようになり、映画批評と翻訳でも活躍する。首都大学東京教授。
95年、劇場映画第一作『急にたどりついてしまう』を発表。08年には『岡山の娘』を発表し、若い世代の映画作家・批評家たちから熱い支持を受ける。詩論集に『詩は生きている』(05)。詩集に『きみたちは美人だ』(92)、『旧世界』(94)、現代詩文庫版『福間健二詩集』(99)、『秋の理由』(00)、『侵入し、通過してゆく』(05)など。映画関係の本として、『石井輝男映画魂』(92)、『大ヤクザ映画読本』(93、山ア幹夫との共編著)、『ピンク・ヌーヴェルヴァーグ』(96)など。『わたしたちの夏』の公開と同時期に新詩集『青い家』が出る。
posted by tough mama at 00:00| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。