topimage-cut.JPG

2012年07月03日

横浜上映レポート 1

横浜上映レポート 1

6月30日(土)から横浜シネマジャック&ベティでの上映が始まりました。
梅雨の最中ではありますが、夏はすぐそこまで来ています。横浜黄金町の『わたしたちの夏』はどんな顔を見せてくれているのでしょうか。
上映2日目の7月1日(日)は、映画の日で日曜日、ということで、大勢のお客様がいらしてくださいました。この日は上映後に、福間監督とサキちゃん役の小原早織さんが舞台挨拶しました。

わたしたちの夏横浜1-1.jpg

学生の小原さんはこの映画の初公開のころ、フランスに留学していたので、劇場で見るのは今日が二度目。壇上では、挨拶代わりに冒頭「編集、変わりましたか?」と監督に質問。
いえいえ、小原さん、変わってませんよ。
でも『わたしたちの夏』は、何度も見てくださった方から、同じようなことをよく言われるのです。物語よりも映像の断片の記憶が、その時々で異なるからでしょうか。観れば観るほどスルメのように味が出てくる作品、と自画自賛することにしましょう!

わたしたちの夏横浜1-2.jpg

挨拶を終えてロビーに出た福間監督と小原さんは、お客様が買ってくださったパンフレットにサインしました。それから1Fのカフェでの「交流会」へと移動。「交流会」は毎月1日映画の日に、ジャック&ベティが開催しているものです。運よく上映が映画の日を含む1週間になったことで、この恒例の催しを知ったわけですが、これは上映する側にとっても観客にとっても、とても有意義なものですね。

わたしたちの夏横浜1-4.jpg

この日は、ジャック&ベティ常連の方が多かったのでしょうか。若い方から年配の方まで25人ぐらいの方とともに、なごやかなで活発な会になりました。
「白い衣装の女性は、この世とあの世の境に生きている。この存在がすばらしいと思った。千景はあの世から『おいで、おいで』と呼ばれているけれども、女性は『バスで帰るのよ』と生の側に引き戻そうとしている」
「説明を極力はぶいてあって、映像から受け取るものの大きい映画だと思った。森のシーンが何回か出てくるが、とても暗示的な空間ですばらしかった」
「ラストのところ、千景が助けを求めてサキに電話し、サキがドアを開けて出ようとしたときに、祖母が呼び止める。このワンクッションが、現実的でよかった。助けに行くのか行かないのか、どうなるんだろうとハラハラする。だから最後、水がとてもさわやかだった」
「父役の常吉さんが居候しているアパートや外の印象、また彼の風貌などから、かつての70年代を常吉さんの中に感じた」
などなど、これまでに出されなかった感想も含めて、興味深い意見や質問が飛びかいました。

わたしたちの夏横浜1-7.jpg

交流会の最後に支配人の梶原さんから、福間監督の次作『あるいは佐々木ユキ』についての紹介を促されました。『あるいは佐々木ユキ A Fairy Tale』は、小原早織さん主演の、福間監督長篇第4作で、完成を間近にひかえています。
「はじめは、モナリザから取ってスマイル、を主題にしていたけれど、結局はそうはならなかった。どんどんホンは変わりましたね。もうひとりの佐々木ユキが登場したり、人魚ひめの物語が出てきたりします」と小原早織さん。そこに「小原さんは、サキちゃんと印象が違うけれど、それは芝居がしっかりしてるからですか」という質問。
「自分では、大げさな芝居はやっていなくて、自分に近いところが多いんですけど」と小原さん。
福間監督は「どんな映画でも、役に人をはめるというのはダメだと思う。その人を引き出しながら、結果はわからないところへ向かっていく、それがぼくのやり方です」。
それに応えるように「ゴールがあるのはおもしろくないですね」と小原さん。
さて、小原さんの「佐々木ユキ」は、どんな少女になっていくのでしょうか。

横浜ジャック&ベティでの『わたしたちの夏』は7月6日(金)まで、連日20時15分から上映がつづきます。どうぞこの機会をお見逃しなきよう、黄金町に足をお運びください。

7月4日(水) 上映後トーク TAKUMA THE GREATさん×福間監督
7月6日(金) 上映後トーク 今泉力哉監督×福間監督

宣伝スタッフ ハマノベティ
写真撮影 松島史秋 





posted by tough mama at 16:01| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。