topimage-cut.JPG

2011年12月23日

渋谷上映レポート 2

トークゲスト 池田香代子さん

12月21日(水)。アップリンクでの『わたしたちの夏』再映も、すでに5日目。今回の上映でのゲストは女性ばかり。福間監督、とても楽しそうです。
今日のゲストは、いま、さまざまの問題についての発言が注目され、講演会などに引っ張りだこの池田香代子さん。あの『ソフィーの世界』の翻訳でも有名なドイツ文学者です。

さて、その池田さんと福間監督は、なんと高校・大学が同期なのです。
15歳のときからおたがいを知っていたという間柄ですが、大学卒業後、きちんと再会したのは、1995年の福間監督長篇第一作『急にたどりついてしまう』を池田さんが見に来てくれたときでした。ちょうど『ソフィーの世界』が大ベストセラーになっていたころです。

12.21 池田香代子IMG_1319.jpg

『急にたどりついてしまう』については、自分の足のウラを見るような感じだった、と池田さん。中央線沿線に長年住んでいる自分には、昔からずっと知っている雰囲気に出会って、なにか、恥ずかしくてしかたなかったそうです。
『岡山の娘』は、カシ(河岸)を変えたので、ちょっとホッとした。
そして『わたしたちの夏』が、いちばん好き。どうしてかっていうと、これも中央線の映画ではあるけど、仲間うちのあそこではなく、普遍性へとつきぬけていると思った。
そんなふうに、池田さんは、かつての同級生の「成長」を楽しそうに語りました。

「映画の世界は、職人芸っていうところがあるでしょう」という池田さんに対して、「そうなんだよね。『急にたどりついてしまう』は、スタッフが全員プロで、自分ひとりが素人。プロとのたたかいになった」と福間監督。「それと反対に、『岡山の娘』は、アマチュアのなかに自分ひとりがプロという感じでやった。どちらも大変だったけど、『わたしたちの夏』は、カメラと編集と音という要所にプロをおくというかたちになった」と説明しました。

12.21 池田香代子IMG_1338.jpg

池田さんは、「二人の女性がすばらしい」と語りました。そして、鈴木常吉さんと室野井洋子さんを昔から知っているという話も。
「映画って、人とのつながりでやっている。人とつきあうというのがベース。そこからさらにまた人とつながってくる。おもしろいよね」と福間監督。

話は、予定の時間をオーバーして、どんどん展開していきました。
日本人が感じている夏、生命力の一方にある濃い死の影、それをあらわす「人外境」としての森の色調の素晴らしさ……。とても書ききれません。

「中央線、高架になって、原民喜が身を横たえたころの線路の風景とはちがってしまってるよね」
「だから、線路は南武線で撮った」
「バス停の標識に cielito lindo って書いてあるよね」
「きれいな空、つまり天国に通じるバスだから。あれは、ぼくが自分で書いたんだ」
「生きている千景さんは、乗り遅れるなよって言われる」
「そう、バスで帰ってこなくちゃいけない。その帰ってこさせる力はなにかっていうこと」
「帰ってこさせる力? あ、わかった気がするわ」
と、二人の対話は、『わたしたちの夏』に核心に迫っていきました。

「福間クンの女性観が見えてくるね。とても心地いい映画だった。豊かな時間をすごせました」と池田さん。
「なにか、ものを言おうとすると、立場がどうだとか、そういうことを言っちゃいけないとかってことがあるけど、そんなことはない。感じたことを言っていいんだというふうにしたかった」と福間監督。

12.21 池田香代子IMG_1373.jpg

「団塊の世代はつまらない」と、団塊世代の二人の意見が一致。
最後に、福間監督がこれから編集するという次の作品『あるいは佐々木ユキ』のことも語られました。
二人の話は、そこで終わりではなく、そのあと、居酒屋さんに場を移してつづきました。
この日が63歳の誕生日だったという池田さんを祝う乾杯からはじまって、なんと4時間近く、二人は、高校時代からのあれやこれや、映画のこと、社会のことを語りあいました。
「なにごともあきらめない」でやっていく二人。すごいです!

宣伝スタッフ あっぷるちゃん
写真撮影 酒井豪





posted by tough mama at 11:56| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

福間健二の作品17

Togetterより

【なにもかも終わって 完全版】福間健二tweet詩 fukuma10v

「エモーショナル・レスキュー。幽霊になってきみの寝室に立つ。きみを解き放つ。身も心も。れんが色の月。このぬくもりが恋しかった。」(なにもかも終わって8)
posted by tough mama at 13:43| Comment(0) | 福間健二の作品・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

渋谷上映レポート 1

ポエトリーリーディング&舞台挨拶

冬の東京に、夏の音と記憶が戻ってきました。12月17日より渋谷アップリンクにて、『わたしたちの夏』、1週間の再上映です。初日の今日は、監督と主演の吉野晶さんによるポエトリーリーディング&舞台挨拶が行われました。福間監督、お久しぶりですね。そして、待ってました、吉野さん!

ほの暗いアップリンクの会場に、監督が登場するやいなや、すぐに朗読が始まります。「書いてしまえばいいのに待ってしまう」…監督の最新詩集『青い家』を読んだ方ならすぐ思い出せますね。タイトルにもなった「青い家」です。続いて同じく『青い家』より、「あらしの季節」が続きます。

アップリンク初日-1.jpg

よくわからないし、なんだか難しいし…と、つい逃げ腰になりがちな現代詩の世界ですが、朗読された詩の言葉たちは、不思議なくらい耳にはっきり残ります。そして、そのフレーズのかけらたちが描く点を結びあわせた先に、そう、段々と『わたしたちの夏』のあのシーン、このシーンが浮かび上がってくる気さえしてきました。論理ではないものに、心と身体を委ねる。それは一見あやうく、おぼつかない、不安げなことかもしれませんが、一度身をまかせてしまえば、いままでと異なる新しい世界がみえてくる。そんな風に感じられてきました。

監督の朗読が、16年前の『急にたどりついてしまう』から「いま」、新作「きみのために詩を書くよ」と続いたところで、今度は吉野さんの朗読です。『青い家』から、「もう言いあいもできない」、そして劇中でも読まれていた「夏の言い分」。読み終えたあと吉野さんより、この「夏の言い分」という作品、撮影中はナレーションかと思っていた、という印象的なお話がでました。確かに! 福間監督の映像作品ならではのエピソードですね。

アップリンク初日-5.jpg

そしてイベント最後に読まれたのは、これまた劇中でも読まれていた「きみたちは美人だ」。劇中鈴木常吉さんこと庄平が読むこの詩は、短くアレンジされたものでしたが、今回は元々の ヴァージョンでの朗読です。劇中ではカットされた部分を福間監督が、劇中で読まれた部分を吉野さんが読みます。

実は朗読の前に監督より、「この作品、僕の詩のなかでもわからない詩の代表的な存在です」との告白がありましたが……うーん、本当にわからない! なのに、なぜか言葉に耳が吸いよせられてしまいます。そういえば、劇中でもこの庄平の朗読はかなり印象的なシーンです。日常と非日常の境目に、ぽんっと放り込まれてしまったような、奇妙な時間が流れます。二人の朗読は、劇中のこの朗読のシーンを、そしてひいては『わたしたちの夏』全体に流れるそれぞれの記憶(それは千景やサキたちにとっての記憶だけではなく、この映画をすでにみている観客たちの記憶でもある)につながっていきます。

上映後の舞台挨拶では、監督より改めて「会心作です!」との言葉がでました。冬にみる、夏の画、夏の音、夏の光。過ぎ去った時間とたいせつな人たち。もしかしたら夏にみる以上に、わたしたちを夏の記憶へといざなってくれるのではないでしょうか。一度みた方もそうでない方も、ぜひ渋谷アップリンクまでお越しください! 12月23日(金)までです。

アップリンク初日-8.jpg


宣伝スタッフ ぶーやん
写真撮影 松島史秋






posted by tough mama at 16:18| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。