topimage-cut.JPG

2011年08月07日

公開記念イベントスケジュール

『わたしたちの夏』公開記念イベントスケジュール!

上映期間中下記の日程で、福間監督とゲストによるトークとミニライヴを行ないます。
本篇上映後、22:30すぎから20〜30分程度の予定です。

8月27日(土)
舞台挨拶=福間健二監督・吉野晶・鈴木常吉・松本雅恵

8月30日(火)
ゲスト=井坂洋子さん(詩人)
日本の詩人のなかで、福間監督がもっとも身近に感じている人。同世代の表現者として、おたがいに多くのものを受け取ってきたと感じている。パンフレットの井坂さんの作品論は、多くの人をうなずかせるだろう。

8月31日(水)
ゲスト=萩野亮さん(映画批評家)
    河野まりえさん(立教大学 映像身体学専攻博士課程)
河野まりえさんは、『岡山の娘』以来、福間監督を支えてきたスタッフの一人。本作には出演も。萩野亮さんは、『わたしたちの夏』の世界と女性の表わし方に共鳴。その映画批 評・研究の未来に福間監督は大きな期待をよせる。

9月1日(木)
ゲスト=瀬々敬久さん(映画監督)
ピンク・ヌーヴェルヴァーグの時代から、福間監督は瀬々監督の仕事に映画の未来を感じとってきた。大長篇『ヘヴンズ ストーリー』からも大きな刺激と励ましを受けとった。

9月2日(金)
ゲスト=沖島勲さん(映画監督)
1966年、若松プロで出会って以来、福間監督は沖島監督の不思議な才能に惹きつけられてきた。『怒る西行』にいたるこの兄貴分の存在があってこそ、自分の映画人生も「これで、いーのかしら。」と思えている。

9月5日(月)
ゲスト=山アはなさん(シネマルナティックを守る会)
福間監督の第1作『急にたどりついてしまう』の地方公開を真っ先に実現してくれたのがこの人。以来、監督が映画の夢を見続けてきたのは、情熱あふれるはなさんの眼差しのおかげ。

9月7日(水)
ゲスト=安藤尋さん(映画監督)
『blue』を撮った安藤監督のセンスとともに、日本映画界への鋭い批判に、福間監督は共鳴。『わたしたちの夏』を見て語ってくれた安藤監督の言葉にも、なるほどと大きくうなずいた。

9月8日(木)
ミニライヴ=松本雅恵さん(まり子役出演)
      AKEMIさん(歌手)
      吉野晶(司会)
まり子役の松本雅恵さんがアカペラで歌う「春来」。作詞・作曲は、松本さんとともにゴスペルを勉強してきた歌手のAKEMIさん。曲の力、歌の力、そして映画の力。うれしい出会いがそこにありました。

9月10日(土)
ゲスト=小谷忠典さん(映画監督)
小谷監督の『LINE』を見て、その画のつくり方に感心しながら、映画は、ある場所から遠くへ行って帰ってくるものだと福間監督は再確認。『わたしたちの夏』の世界のとらえ方に、小谷監督も共鳴。二人はこれからどこへ行くのか。

9月11日(日)
福間監督が『わたしたちの夏』と映画の現在について語ります。

9月14日(水)
ミニライヴ=鈴木常吉さん(歌手)
挿入歌「アヒル」とエンディングテーマ「ウィスキー・ブルース」。どちらも、この映画の撮影と並行して制作されていた常さんのニューアルバム『望郷』に収められています。われらが常さんの歌の力、味わってください。


posted by tough mama at 09:23| Comment(0) | イベントスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。