topimage-cut.JPG

2011年08月31日

東中野上映レポート 2

トークゲスト 井坂洋子さん


井坂洋子さん-5.jpg

8月30日(火)、公開4日目。『わたしたちの夏』が初めて迎えるトークゲストは、詩人の井坂洋子さんです。井坂さんは『岡山の娘』に引きつづいて、パンフレットへの作品評とトークに登場していただきました。パンフレットに書いてくださった『涼しい孤独』は、読んだ人の多くが絶賛し、そこからは映画を読み解く光があふれるすばらしい文章です。同世代の表現者として、お互いに多くのものを受け取ってきたと感じている福間監督と井坂洋子さん。ふたりのトークは打ち合わせなしで本番に入りました。

「DVDでは何度も見せていただいたけれど、初めて劇場で見て、外の音が生きていることを強く感じました」と、井坂さんの感想から始まりました。そしていきなり、福間映画ではヒロインは女性ばかりだけれど、男性にはしないのかと監督に質問。井坂さんは『岡山の娘』の父親といい今回の庄平といい「ダメな男」のなかに、自分の何かをみているのでは? と言及されます。いささか困惑気味の監督は、親になることを拒否してきた自分がもし親になったら、あんな父親になるだろうと答えました。

井坂さんの質問は緩急おさえて、映画に詩に縦横します。
「人物というか顔のクローズアップが多いですよね。それもわざと長く撮っているのかと思えるほどに。天使的存在の動きや表情、庄平のボーッとしているさまなどがとても印象的で、そこからそれぞれの孤独感がたちあがっている。でもそれは、決してどろどろしてなくて、どこか涼しげでいいのです」。
福間さんの言葉へのこだわりでは「水」と「バス」がありますよね、と井坂さん。監督は「僕の住むマンションのすぐ前がバス停で、そこで待ってる人をしょっちゅう見ているんです。バスを待っている人、それは何だろうって。バスは僕たちをどこかへ連れていてくれるのではないかと」。

『わたしたちの夏』は、福間監督にとって身近な場所や好きな場所が撮影現場になっている。それは低予算映画の基本で、かつ自分はせこい人間だから身近なものはどんどん使うと監督は言います。それを受けて井坂さんは、ふっと納得されたように「この映画を見たあとで、自分の家の庭の草木が、映画のなかの緑とつながっていることを感じたんですね。そういう親密な気持ちを、この映画に持ちました」と。そして「木も花も物も、じつはその内部に孤独を持っていると思うのですけれど、この映画はそのように人間を撮っていると感じました」。

井坂洋子さん-8.jpg

二人の詩人のトークは、いつまでも聞いていたいほどに、言葉が画を呼びおこし、画が言葉を引き出して、聞いているわたしたちの感性までもみずみずしくしてくれました。
井坂さん、ほんとうにありがとうございました。

宣伝スタッフ クーちゃん
写真撮影 松島史秋

posted by tough mama at 13:21| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

9月3日 触発オールナイト開催!

9月3日(土)はオールナイトだ!

『わたしたちの夏』の公開を記念したオールナイト開催の日が近づいてきました。
福間監督を『わたしたちの夏』へと向かわせた作品群4作を、一晩で上映します。

福間監督の前作『岡山の娘』
ゴダールの『アワーミュージック』
小林政広監督の『愛の予感』
小沼雄一監督の『結び目』

それぞれに大きな話題を呼んだ4作品。
福間監督は、これらの作品の、どこに、どう触発されて、
『わたしたちの夏』をつくったのか。
ぜひご覧ください!

詳細は下記から。
http://tough-mama.seesaa.net/category/10905243-1.html


posted by tough mama at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

東中野上映レポート 1

東京公開初日!

初日舞台挨拶-6.jpg

8月27日土曜日。映画『わたしたちの夏』は、待望の公開初日を迎えました。
開場1時間前にポレポレ東中野に着いた福間監督は少々緊張ぎみでしたが、初日舞台挨拶のキャストやスタッフ、次々にやってこられるお客さまの顔を見て、だいぶ安心したようです。
21時、まずは9月3日のオールナイトで上映される『アワーミュージック』の予告篇がかけられたのち、ついに『わたしたちの夏』です。
数日前にポレポレ東中野に導入されたばかりの新プロジェクターでの映像は、とても美しく、『わたしたちの夏』のみずみずしい画をいっそうひきたたせます。冒頭のクレジットと夏の音、そして主演の吉野晶さんの顔のアップは、ほぼ満席の場内を一気に「福間ワールド」と化して始まりました。
エンディングクレジットに流れる鈴木常吉さんの「ウィスキー・ブルース」を聞きながら89分の上映が終わり、でも誰ひとり席を立ちません。すぐに舞台挨拶です。宣伝の加瀬修一さんの司会で進められました。
まず、先ほど届いたばかりだというサキ役の小原早織さんからのビデオレターが紹介されました。小原さんは今フランスに留学中なのです。
それから、まずは監督が「すごいスタッフに恵まれて、映像・音・編集と難易度の高いワザをやりすぎたかなという気持ちもあるけれど、これが今の日本の表現にどう通じるのか、とあらためて思いつつあります」。と挨拶しました。
つづいて、庄平を演じた歌手の鈴木常吉さん。福間監督の前作『岡山の娘』を見ておもしろいと思っていたので、監督からこの作品への出演依頼がきたとき、すぐに「はい」と返事したとのこと。挿入歌として使われた2曲「アヒル」と「ウィスキー・ブルース」は、映画の撮影とほぼ並行する時期にレコーディングされたアルバム『望郷』に収められています。「どの曲もこの映画に合うのでは」と思っていたそうです。
吉野晶さん演じる千景の友人まり子を演じた松本雅恵さんは、舞台経験もあるゴスペルのセミプロ歌手。また吉野さんとは元々友人同士。でも、千景もまり子も実像とはずいぶん違うので、とても緊張したと言います。劇中で歌った「春来」は、ゴスペルの仲間でもある歌手のAKEMIさんの自作。松本さんの情感こもった歌声は、とても評判がいい。「この映画はアラフォー世代のみならず、若い人たちにもぜひ見てもらいたい。大人になったら、大変なことがいろいろあるんだよ、と伝えたいです」。
そして、映画の中でもきわめてドキュメンタリー的な「授業風景」の先生、千石英世さん。立教大学の教授で福間監督の古い友人でもある千石さんは、昨年、映画そのままの授業を首都大学で持っていました。「自分が授業をやっている場面が、どんなふうに映画になるのか、想像もつかなかった」。友人であり監督であった福間健二について「映画の質は、彼の書くものと深くつながっていて、そのことに改めて感心した」とのこと。

初日舞台挨拶2.jpg

最後に挨拶したのは、サキの友人サトミ役で出演した川野真樹子さん。首都大学の学生で、映画サークルにも演劇サークルにも属している。「撮影の現場は、学生でやるのとは全然ちがっていて、プロの人のいるなかでやることはとても勉強になった」と言います。「今日こうして劇場で見ながら、自分がすごい映画に出てるんだと、ドキドキしています。わたしの大好きな場面は後半の森のシーンですが、皆さんも好きな場面を見つけて、何度でも見てほしいと思います」とくくりました。
主演の吉野晶さんは、入院中のため残念ながら出席できませんでしたが、他の主要キャストが吉野さんの分まで、観客の皆さんにこの映画をアピールして、無事に舞台挨拶を終えました。

松本雅恵さんとAKEMIさんのミニライヴが9月8日(木)、鈴木常吉さんのミニライヴが9月14日(水)の上映終了後に行なわれます。映画を見て挿入歌を気に入った方は、半券をお忘れなくリピーター割引(1000円)でもう一度いらして、映画とライヴを楽しんでください。
また、8月30日からは連日ゲストトークがあります。
どうぞご期待ください!

宣伝スタッフ クーちゃん
写真撮影 松島史秋
posted by tough mama at 19:43| Comment(0) | イベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。