topimage-cut.JPG

2011年07月28日

木村文洋監督の言葉

『へばの』の監督、木村文洋さんから『わたしたちの夏』へのコメントをいただきました。

 10年前−−大学生の頃、キャンパスではずっと何かが鳴っていた。この映画、『わたしたちの夏』を体感しつくす時間のように、それは始まりも終わりもなかった。明け方まで続く学食前のサックス、廊下の女子大生の嬌声、看板の文句を叫ぶトラメガの声。
 そして僕はどの音とも関係を持てなかった。誰もが外に出て行った−−映画の現場へ、街へ、就職先へ、出て行った。
 9月11日の日、僕は3回生だった。ニュースを見ながら猥雑とした自分のアパートでトム・ウェイツをかけてやっと一日を終らせてやはりキャンパスには戻らなかった。
 あれから10年、なにも未だに好転はしていない。歩けば歩くほど、奥歯をどんどん噛み締めなければいけなくなっていく。
 それでもこの映画はいま、美しい。肩の力が抜ける。「生きて ある」ことの豊穣さが、すぐ身近にあることを−−真夏の間、思い出せる。
 なぜ わたしたちの誰もが、夏の大学にただ響く、虫の声を採らなかったのだろう。
 しかし仕方が無い、これは福間さんたちの映画なのだ。
 僕らは僕らで、じっと足を止めて耳を澄ます場所を見つけ−−映画を撮ろうとするしかない。
posted by tough mama at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

上島春彦さんの言葉

映画批評家の上島春彦さんから『わたしたちの夏』へのコメントをいただきました。


主演は二人の疑似親子、というか親子になれなかった疑似親子。でもキーワードは「天使」ですね。私には何のとりえもない、ということになっているマリコさんこそが最も貴い存在に思えました。きっと天使的存在はいたるところにいるわけで。でも主人公二人は天使ではない。天使から最も遠い存在というべきか。それがこの映画における主人公の存在条件というかゲームの規則なんでしょう。直線的な物語ではないけれども、実は緻密な起承転結が組み込まれているので、きっとクセになる人が出ますよ。
(上島春彦)
posted by tough mama at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

オールナイト開催!

『わたしたちの夏』公開記念
触発オールナイト!
福間健二を『わたしたちの夏』へと向かわせた作品群


『岡山の娘』で、映画史のここまでへの覚悟ができた。さあ、次だ。ゴダールの、有無を言わせぬOKの幅。小林政広の、持てるものすべてを活かす集中力。小沼雄一・港岳彦の、女性へのオマージュとあがないの歌。その先を歩くのだという声がきこえた。                        福間健二


2011年9月3日(土)
23:15開場/23:30開映(6:21終了予定)
福間健二による各作品解説あり。


『岡山の娘』 2008年/HD/92分
監督・脚本:福間健二 撮影:大西一光
出演:西脇裕美、家ノ上美春、石原ユキオ
日本の地方都市岡山の、ひとりの娘の夢と現実、ひと夏の経験。彼女と彼女をとりまく人々の物語。だれもが立つ地面に詩をひきよせる、いままでになかった語り方の映画。『急にたどりついてしまう』(95)以来13年ぶりの監督作品。
06-シーケンス12.jpg


『アワーミュージック』 2004年/35ミリ/80分
監督・脚本・出演:ジャン=リュック・ゴダール 撮影:ジュリアン・ハーシュ
出演:ナード・デュー
民族紛争に傷ついた歴史の街サラエヴォを訪れたゴダールと、彼の講義を聴きに来た一人の少女とのつかの間の交感を描く「煉獄編」を中心に、前後に「地獄編」と「天国編」を加えた3つのパートで構成。各国から作家や芸術家が多数登場し、多様な言語が音楽のように響きあう。
ourmusic_s.JPG


『愛の予感』 2007年/35ミリ/102分
監督・脚本・出演:小林政広 撮影:西久保弘一 
出演:渡辺真起子
14歳の少女が、同級生の少女を刺殺。その事件の被害者の父と加害者の母との、その後の再生の物語を綴るドラマ。
小林政広監督自らが主演したこの作品は、日本人監督として37年ぶりに、ロカルノ国際映画祭金豹賞(グランプリ)を受賞した。出演者は二人だけ。セリフのほとんどない二人の無表情な顔が鮮烈に残る。
REBIRTH_03.jpeg


『結び目』 2010年/HD/91分
監督:小沼雄一 脚本:港岳彦 撮影:早坂伸 音楽:宇波拓
出演:赤澤ムック、川本淳市
現在が過去とたたかい、女が男とたたかう。従来のポルノ的作品に浸透する自然主義的なものに決別を告げる痛快作。赤澤ムック演じるヒロインは、結びなおされた「結び目」を再び解いてトラウマの物語の先へと生き抜く。ニコンD90のムービー機能を活用。
結び目メイン.jpg


料金:整理番号付き前売券/2200円 劇場窓口・チケットぴあにて発売中(Pコード558-237)
当日券/2500円(前売券完売の場合当日券の販売はありません)
会場:ポレポレ東中野   http://www.mmjp.or.jp/pole2/ TEL 03-3371-0088
posted by tough mama at 13:14| Comment(1) | オールナイト開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。